社会保険とは

社会保険とは

社会保険とは

社会保険について

社会保険制度とは、国(厚生労働省)が管理監督者となって行っている社会保険事業で、病気、ケガ、身体の障害、死亡、老齢、失業などが起きたときに、保険制度の加入者やその家族に対して保険給付を行い、生活を保障する制度です。

ちなみに、労災保険と雇用保険をあわせて労働保険、健康保険と厚生年金保険を合わせて社会保険という時があります。

社会保険制度は、以下のように複数の保険や年金などの種類があり、これらすべてを総称して「社会保険制度」とよんでいます。

健康保険とは?

病気やケガで病院にいくときは、誰でも健康保険証を持参します。日本では全ての国民が、性別、年令の区別なく、公的な健康保険の加入が義務付けられています。
現在、公的な健康保険は大きく分けて、被用者保険と国民健康保険の2つからなっています。
被用者保険には、サラリーマン、OLが加入する健康保険、船員が加入する船員保険、公務員や私学の職員が加入する共済保険があります。
一般的に単に”健康保険”という場合は、この被用者保険をさし、国民健康保険の場合は、略して”国保”ということが多いようです。
この被用者保険では被保険者(=健康保険の加入者本人)だけでなく、被扶養者(=被保険者に扶養されている人)も、保険を受けることができます。
しかし、60才以上の人や一定の障害のある方は年収180万円以上、それ以外の一般の人は年収130万円以上あると、被扶養者とはなりません。改めて、被保険者として健康保険に加入の必要があります。
現在、被用者保険も国民健康保険も、医療費の負担率は原則として3割となっています。

下記にさらに詳しく記載されております。
また、ご不明な点はご連絡ください。

厚生年金とは?

厚生年金保険は、原則法人の会社の役員及びそこに勤務する労働者の老齢、障害または死亡について保険給付を行い、労働者およびその遺族の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする社会保険制度です。(厚生年金法 第一条より)

詳しくは下記をご覧ください。
また、ご不明な点はご連絡ください。

採用情報
労働保険申告 賃金集計表